スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dango茶屋プロデュース公演の『塔に住む人』を観てきました。

先ず、一ノ瀬さんの本が面白かったです。

鐘ヶ江さんと竹内さんの組み合わせは、実に相性が良く、上手く劇世界の中で機能
している二人だなぁ……とシミジミ感じました。やっぱり魅力的な役者さんの演じる登場
人物は、観客を物語に引き込ませてくれますね。

冒頭に『ブレードランナー』の一節を朗読する演出は好きです。好きだからこそ
、もう一つ何らかの演出効果を凝ってみても良かったのではないでしょうか。
ラストは……戯曲や役者の演技は、アレで全然イイと思いますが、やはり効果の
部分で、もう一つ、何かピリリと〆る事が出来ていたなら、更に気持ちの良いものだった気が
します。

しかしながら総じて、なかなかに完成度の高い舞台で、「あぁ、芝居を観たなぁ~」と
、帰りの車の中で心地良い充実感に浸っていられた作品でした。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yanokatu64.blog106.fc2.com/tb.php/50-7a72469b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。