スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレコローマンスタイルの『和装二ホヘト』を観てきました。

グレコの山下さんとK2の三浦さんの戯曲は同じ匂いを感じる。福岡で上質のシチュエーションコメディを見せてくれる。凄いなぁ~。

“役者による役者の為の役者の劇団”であるグレコ。その魅力をよく伝えている舞台だと思った。キチンと完成させられていた舞台。そこには客席と舞台にキチンと一線が引かれていて、だからこそ安心度が高く気持ちイイ。良い意味で映画やTVドラマを観ているよう。

でも、オープニングの和太鼓は、山下さんでも東京劇団フェスへの参加を見据えて、少しケレンに走ったのかなぁ~なんて思ってしまいました。まあ、アレはアレでカッコ良かったですけど。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yanokatu64.blog106.fc2.com/tb.php/31-d7ec7b60

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。