スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレコローマンスタイルの『晴レタラ見エル』を観てきました。

グレコローマンスタイル第15回公演『晴レタラ見エル』@西鉄ホール観てきました。
本当にオススメしたい作品なんで、まだ観て無い方がいたら、明日の千秋楽、是非、観に行って欲しいですね。
韓国の女優さんが客演されてたり、舞台上で日韓二ヶ国語が飛び交う通訳芝居(?)だったりと、色々興味深い公演なのですが、それらを超えて、全ての人に伝わる何かを持ち帰る事の出来る舞台でした。

僕が好きな舞台ってのは、何て言うか、観ていて相反する二つの想いに悩まされる様な舞台が好きなんですよね。
一つはどんどん物語が進んで、しっかりとドラマが終わってくれる事を欲する想いと、もう一つは魅力的な人間達をいつまでも観ていたいから舞台が終わらないで欲しいという想い。
しっかり物語が終わる気持ちの良さは、ホント爽快で、やっぱエンターテイメントはこうじゃなきゃな!って思っちゃいます。
でも、登場人物が舞台にしっかりと生きていると、物語が終わる事によってそんな人物達と別れるのが辛くなってしまうんですよね。実在する肉体の強味がそこにあるんです。
この物語を見届けたいと云う想いと、もっともっと彼ら彼女らの人生を見続けていたいと云う想い。舞台を観終わって、登場人物達のその後をアレコレ考えれるというのは、僕的に魅力的な舞台の証なんじゃないかなと思います。
今日のグレコの舞台は、そんな二つの想いが生まれる舞台でした。本当に観れて良かったです。

あ~、何か珍しくダラダラ書いてしまったw
スポンサーサイト

グレコローマンスタイルの『スピーカー』を観てきました。

う~ん、これってワンアイディア物だし、確かに面白かったのは面白かったけど……。
正直、もっと狭い空間での三人芝居ヴァージョンの方が良かったのではないでしょうか。
耳が、ちょっぴりキーンって、なっちゃいましたし。

でも、大オチには吹きましたw

ゼロマニアックの『いのちのトランスフォーム』を観てきました。

めーチャンが神!!

面白かった~。冴えまくってたなぁ~、ウラジ戯曲。俺、後藤さんは喰われちゃうと思ったね、マジで。舞台開始早々15分たらずで主役だと思ってたイックンがハブに噛まれて死んじゃうとは思わんかった。

追伸
蛇拳ってちゃんと蛇に見えるんだね!

Dango茶屋プロデュース公演の『塔に住む人』を観てきました。

先ず、一ノ瀬さんの本が面白かったです。

鐘ヶ江さんと竹内さんの組み合わせは、実に相性が良く、上手く劇世界の中で機能
している二人だなぁ……とシミジミ感じました。やっぱり魅力的な役者さんの演じる登場
人物は、観客を物語に引き込ませてくれますね。

冒頭に『ブレードランナー』の一節を朗読する演出は好きです。好きだからこそ
、もう一つ何らかの演出効果を凝ってみても良かったのではないでしょうか。
ラストは……戯曲や役者の演技は、アレで全然イイと思いますが、やはり効果の
部分で、もう一つ、何かピリリと〆る事が出来ていたなら、更に気持ちの良いものだった気が
します。

しかしながら総じて、なかなかに完成度の高い舞台で、「あぁ、芝居を観たなぁ~」と
、帰りの車の中で心地良い充実感に浸っていられた作品でした。

グレコローマンスタイルの『第三章』を観てきました。

傑作だ!!

今まで観劇して、その直後にクチコミで友人達に観劇をススメるなんて経験は無かったのだが、今回、初めてそんな行動をとった。
山下さんの代表作にしてイイんじゃないのだろうか。
あまりにも作中人物達が愛おしくて、物語の終わりがくるのが悲しかった。もっと彼ら彼女らの物語を観ていたと思った。そんなん風に思える舞台に出会ったのは、以前、『ことりっぷ劇場』で上演された三浦さんと後藤香さんの二人芝居「ブライダルブルーな三人」以来二回目だ。

兎にも角にも、諸手を挙げて大絶賛出来る舞台だった。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。