笑門来福!いぬいちばん!

「あっ!」と云う間にもう節分。
先月の末に到来した寒波と共に持病の坐骨神経痛が猛威をふるい、青色吐息の痛風亭魚弱で御座います。

さて、月の初めは、もうお馴染み。
毎月第一火曜は落語の日!!落語茶屋ソネスのお知らせです。

今月の落語茶屋ソネスは2月の6日。
開口一番は痛風亭十一弱。演目は『長命』!!
『長命(短命)』は私も大好きな噺で、いつかものにしたいと密かに思っておりましたが、一足お先に十一弱がお披露目。しかも、その出来が、またイイんで嬉しいやら悔しいやら。
膝替りには、帰ってきましたタケダ2000GTさん。
ホントに、もう、お帰りなさい!!嬉しい!!
そしてトリは曽根巣家月曜。演目は十八番『元犬』!!
何と言いますか、月曜兄さんって、こんなマンガみたいな噺がよく似合います。なんとなく高座での存在感がマンガっぽいんですよね。

それでは皆様、是非とも笑って笑って福をお招きいただきますよう、火曜日は落語茶屋ソネスへ。

矢野勝久 こと 痛風亭魚弱 拝


2018.2月落語茶屋ソネス
「笑門来福!いぬいちばん!」

日時 2018.2.6(火) 20:00開場 20:30開演
場所 カフェソネス(福岡市中央区薬院1-16-18)
料金 1,500円ワンドリンク付(ご予約不要、駆け込み歓迎)

一、ぱずぅさんが来らっしゃいます 劇団PA!ZOO!!
一、「長 命」 痛風亭十一弱 大福 到生
一、幕間歌謡「試運転絶好調」タケダ2000GT
一、「元 犬」 曾根巣家 月曜 光安 和幸

 落語茶屋ソネス~かわらばん~
スポンサーサイト

謹賀新年

昨年は皆様に大変お世話になりました。
本年もまた、

ニセマサムネのヤノカツ こと
ソネス落語会の痛風亭魚弱 こと

矢野勝久を、どうぞ宜しくお願い致します。

画像は『鷹正宗』の酒樽。
『ニセマサムネ』の名前の由来は、『贋正宗』って事で、『鷹正宗』のパロディなんです。因みに命名したのは仁さんw

鷹正宗

年の瀬2017

つくづく、人とのご縁を有り難く感じた一年だったなぁ。

とてつもなく牛歩なペースで、しかも右往左往しながらだったけど、歩き続ける事だけは止め無かったんでホント良かった。

四十を越えたダメダメなオッサンが、こうして大好きな人達と大好きな事をやり続けていられる幸福に心より感謝。

俺は幸せ者だなぁ。
来年も感謝と幸福の一年でありますよーに!!

動画は29日の落語茶屋ソネスファミリー忘年会の帰り道、山下さん・岡本さん・みっちゃん・俺のデカいオッサン四人が軽自動車に乗り込んでウヒャウヒャ大笑いしながら帰った時にカーステから流れてた曲。十数年前の頃に戻ったみたいで、スゲー楽しい帰り道だった。

謹んで『芝浜』2017

毎月第一火曜は落語の日!!

で、お馴染みの落語茶屋ソネスも、いよいよ2017年のトリで御座います。
師走の落語茶屋ソネスは12月5日。
高座を務めますは、勿論この方。我らが真打、痛風亭本物!!
演目は暮れの大ネタ『芝浜』!!

開口一番の立直さん、膝代りのGTさんも最高の流れを作って本物師匠に繋ぎます。
笑って、笑って、最後にちょっぴりホロッとさせられて2017年の〆の落語は如何でしょうか。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ヤノカツこと痛風亭魚弱 拝


2017.12月落語茶屋ソネス
「謹んで『芝浜』2017」

2017.12月7日(火)20:00開場/20:30開演
於;カフェソネス 福岡市中央区薬院1-16-18
木戸銭 1,500円ワンドリンク付※予約不要

一、古典落語「かぜうどん」痛風亭 立直/立田 直也
一、「唄いたい唄が、あります」タケダ2000GT
一、古典落語「芝  浜」 痛風亭 本物/山下 晶


 落語茶屋ソネス~かわらばん~

感謝御礼

気付けば、11月の落語茶屋ソネスから1週間が過ぎてしまいました。
当日、ソネスへ足をお運び下さった皆様には、本当に心からお礼申し上げます。

有り難う御座いました m(_ _)m

皆様との有り難いご縁が途切れる事の無いよう、そしてまた、新たなるご縁をいただけますよう、更なる、更なる精進に励んでいこうと思っております。
どうぞ、皆様宜しくお願い致します。

痛風亭魚弱 こと 矢野勝久

2017年11月ソネス

FC2Ad